回数パック制脱毛プランに関する豆知識を集めてみた

反対に全身脱毛をウリにしている脱毛サロンは枚挙にいとまがありません。知名度のあるお店だけ想像してみても「シースリー」「脱毛ラボ」「キレイモ」「銀座カラー」「エターナルラビリンス」など、選択肢はとても豊富で、どこを選べばいいのか判断するのも一筋縄ではいきません。全身脱毛で契約を躊躇させるのが、まとまったお金が必要な事と数年間にもわたって通い続ける時間を確保しなければいけないことです。実際に料金がどのくらいするのかは全身脱毛を何回するのかによっても変わってくる話ではありますが、30万円は覚悟しておいた方が賢明です。そしてどのくらい通うのかという期間に関しては3年は覚悟しておきましょう。初めての脱毛を脇からスタートする方が断トツで多い中で、ワキなどの部分脱毛を収益の柱にしている脱毛サロンは実は意外なほど数が少ないのが現実です。部分脱毛ではミュゼプラチナムが他の追随を許さない存在感を示しているからなのか、他にはエピレくらいしか見当たりません。顔の脱毛に限定してチェックしてみても、脱毛サロンによってその施術範囲には差異が見られます。目の近辺以外を幅広くカバーするところもあれば、顔の中でも特に気になりがちな部分だけにしか施術してもらえないところもあるので、こういった小さな違いについても調べておく必要があります。全身脱毛をしたいと思った場合、お店選びのチェック項目はいくつかありますが、大きな特徴の違いから順を追って整理していきたいと思います。まず、脱毛範囲についてですが、「顔」と「VIOのすべて」が含まれるかどうかという相違点があります。そもそも脱毛範囲に含まれていないというわけではありませんが、オプションになっている場合があるので、その時は別途料金がかかるので注意が必要です。全身脱毛を脱毛サロンにお願いする場合、特定の脱毛サロンを除いては回数をベースにした契約となります。公式ホームページでは6回の料金が掲載されていることが大変気がかりですが、実際に効果を実感したいと思うのなら6回では足りないと言う事は心に刻んでおかなければいけないでしょう。個人差もありますが、体験談なんかを読んでも12回は必要らしいです。また、生理と重なってしまった時の対応の仕方も各社で対応が違う点にも注目です。VIOだけ次回に繰り越しになるところもあれば、脱毛箇所は一切不問で施術にストップがかかるところもあります。万が一予約日を変更せざるを得なくなった時のペナルティにも通じますので、チェックしておかなければいけないチェックポイントです。脱毛サロンに初めて通う場合、私だけでなく多くの方は両ワキの脱毛からとりかかる場合が圧倒的に多いです。でも、脱毛サロンでのムダ毛処理が生活サイクルに組み込まれるにつれて、脱毛したい部分はどんどんと増えていってついには全身脱毛へと辿りつきます。全身脱毛に対するこのような2つのデメリットとも言える問題に対して、今ではそこにフォーカスした脱毛サロンもあります。脱毛ラボや銀座カラーは最近になって目にするようになった「スピード脱毛」というこれまでになかった特徴を生み出し、従来と比べて信じられない位の短期間で完了します。支払い方法に関することでも、脱毛ラボとキレイモでは月額制が準備されていて、1ヶ月単位であまり負担にならない料金で全身脱毛を始めることができます。その他の脱毛サロンが月額制と称しているのは実は分割払いなので、これから施術を受ける分を前もって支払う契約になるので注意が必要です。こうした事実は、ある脱毛サイトの情報を見るまではまったく知らなかったことです。目から鱗の情報を提供してくれたのはこちらのサイトです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ