浮気現場にご主人が乗り込むことになると

ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行っておぞましい戦場になるシーンは、ドラマでも描かれることが多い光景です。
夫人の浮気現場にご主人が乗り込むことになると、傷害・殺人まで起きるというシナリオもよくありますね。浮気の現場を直接つかまえるのも方法としてアリです。
離婚になってもいいと思う場合は、試してもいいと思います。
探偵による調査は高額ですから、自分で尾行してしまえと思う奥さんもいるみたいです。
テレビでは尾行に失敗しているのを見ていないために誰でもできると思ってしまいがちですが、実際にやってみるとそう簡単ではなく、失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるので楽なことではないといえます。
気付かれてしまえば相手も対策をとるので、怪しい行動は控え、浮気していてもしばらくしないかもしれないのです。
相手の非を認めさせるには確実な証拠がいるので、プロに浮気調査をお願いするべきです。
相手に気づかれないで明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。
浮気現場の写真を撮ったとしても、露出が不足して顔の見分けが付かなければ証拠にはできません。浮気調査を探偵に依頼した場合は、超小型のカメラを用意するなどして相手にバレないように鮮明に写真におさめることができます。
ほんとに離婚してもかまわない、もらえる慰謝料が多い方が良いと考えるなら、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。
しかし1人で踏み込むという方法を取ると、揉める元なので、できるだけ避けましょう。あなたが信頼する人と一緒に行けば、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。
信じて頼れるような人がいないなら、探偵に依頼するのがベストだと思います。パートナーの浮気リサーチを探偵に頼む時、一般的には、何人の調査員を雇って、どの程度の日にちで調べるのかを前もって相談します。探偵は1万円以上の時給が相場と言われており、調査期間が長期になればなるほど調査料金が高くなります。探偵事務所によっても、使う機器や調べていく人の才能には差があるため、周りの人の評価なども参考にしたら良いと思います。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ